目に見えない脅威こそ、本物の脅威です。

現在、SSLトラフィックの割合は70%を超えていますが、依然として増加傾向にあります。攻撃の半分から三分の二が、暗号化されたトラフィックに隠れて行われています。これはトラフィックの検査を行わないと、攻撃を見逃して、企業の重要なデータを脅威にさらすことを意味します。

暗号化トラフィックの可視化は、データ セキュリティの重要な鍵です。SSL Orchestratorは、アウトバウンドSSLおよびTLSトラフィックの高性能な復号化と暗号化を可能にします。

ポリシーベースの動的サービス チェインを使用して、セキュリティ スタック全体を表示します。

SSL Orchestratorは、Webアプリケーション ファイアウォール(WAF)、データ損失防止(DLP)ツール、侵入検知システム(IDS)、侵入防止システム(IPS)、マルウェア分析ツールなどの複数のセキュリティ ツールを一元的に復号化してSSLトラフィックを可視化します。さらに、連携するようには設計されていない多くのポイント ソリューション間のギャップを、拡張可能な方法で解消します。

SSL Orchestratorは、経営効率と拡張性を向上させ、実装済みの複数のセキュリティ ツールを協働させてリスク低減を実現します。これによって単一デバイスを集中的に管理できるため、管理が容易になる一方で、セキュリティ スタック全体から最大の価値を引き出せるようになります。

SSL Orchestratorは、経営効率と拡張性を向上させ、実装済みのセキュリティ ツールを提携させてリスク低減を実現します。

展開にはいくつかのオプションが用意されています。

SSL Orchestratorは、インライン レイヤ2、インライン レイヤ3、ICAPサービスなど、複数の展開モデルをサポートしています。これにより、複雑なインフラストラクチャでも容易に構築できます。

特長

SSLの可視性

SSL復号化と再暗号化、強力な暗号サポート、ワンボックスおよびツーボックス展開のサポートを提供します。

動的サービス チェイン

サービス インサーション、サービス レジリエンシ、サービス モニタリング、ロード バランシングを提供します。

コンテキスト エンジン

ジオロケーション、IPレピュテーション、URLカテゴライズ、ソース インテリジェンスとデスティネーション インテリジェンスをサポートします。

マルチレイヤ コンテキスト

ヘッダー変更、ポート変換サポート、暗号とプロトコルに対する強力なプロキシレベルの制御。

展開モード

インライン レイヤ3、インライン レイヤ2、ICAPサービス、受信専用モードをサポートします。

特長

SSLの可視性

SSL復号化と再暗号化、強力な暗号サポート、ワンボックスおよびツーボックス展開のサポートを提供します。

動的サービス チェイン

サービス インサーション、サービス レジリエンシ、サービス モニタリング、ロード バランシングを提供します。

コンテキスト エンジン

ジオロケーション、IPレピュテーション、URLカテゴライズ、ソース インテリジェンスとデスティネーション インテリジェンスをサポートします。

マルチレイヤ コンテキスト

ヘッダー変更、ポート変換サポート、暗号とプロトコルに対する強力なプロキシレベルの制御。

展開モード

インライン レイヤ3、インライン レイヤ2、ICAPサービス、受信専用モードをサポートします。

F5セキュリティ エコシステム パートナー

FireEye
Forcepoint
Ixia
RSA
Symantec
お問い合わせ