Case Studies アーカイブ Search Case Studies

株式会社 豊田自動織機

Microsoft Office 365の導入で発生する膨大なトラフィックをプロキシ負荷分散で分離、ネットワークの安定稼働とコスト抑制を実現

豊田佐吉が発明した自動織機を原点に、繊維機械や自動車、産業車両、エレクトロニクス等、幅広い事業分野で優れた製品・技術を生み出し続けている株式会社 豊田自動織機(以下、豊田自動織機)。ここではMicrosoft Office 365(以下、Office 365)の導入に伴い、社内ネットワークの構成が部分的に変更されている。BIG-IPのプロキシ負荷分散の機能を活用し、Office 365とその他のインターネットサイトへのトラフィックを分離することで、大規模な機器追加やリプレースを行うことなくトラフィック増大に対応したのだ。これによって常時安定したパフォーマンスを確保。また既存のネットワーク機器を増強して帯域を確保する方法に比べ、大幅なコスト削減も可能になった。

 

PDFをダウンロードする (ダウンロードはChromeかFirefoxを推奨します。)

「BIG-IP でOffice 365 へのトラフィックを分離した結果、常時安定したパフォーマンスを実現できました。何も問題が起きなかったことが、何よりのメリットです」
株式会社 豊田自動織機 情報システム部 システム企画第一室 第2 グループ 主担当員 小室 信二 氏

背景

豊田自動織機は、豊田佐吉が発明したG型自動織機の製造・販売を目的に、1926年に設立された歴史のある会社で、現在、繊維機械、自動車(車両、エンジン、カーエアコン用コンプレッサほか)、産業車両、エレクトロニクス、物流など、幅広い事業を展開している。その中でもフォークリフト、カーエアコン用コンプレッサ、エアジェット織機では世界シェアNo.1となっており、フォークリフト国内販売台数は51年連続でトップを維持し続けている。

グローバル展開を積極的に進めているのも同社の大きな特徴だ。世界各地の連結子会社数は207社、5万人を超える従業員のうち、半数以上は海外で活躍している。同社に対する世界的な評価も高く、フォーチュン誌が発表する「世界で最も賞賛される企業2017」では、自動車部品分野の第3位に選ばれている。

グローバル展開の拡大に伴い必要になったのが、世界的に統合されたコミュニケーション基盤の確立である。「国内は日本製のツールを使っていたこともあり海外との連携が難しく、そのシステム自体も老朽化が進んでいました」と振り返るのは、株式会社 豊田自動織機 情報システム部システム企画第一室 第2グループ 主担当員の小室 信二氏。そこで、Office 365の導入を決定、そのためのプロジェクトを2016年3月にスタートするのである。

 

ビジネス上の課題

ここで大きな課題となったのが、Office 365へのアクセスで発生する膨大なトラフィックを、どのように処理するかだった。

「このプロジェクトでは国内従業員を対象にOffice 365を導入することになりましたが、それでもユーザ数は約12,000名に達しています」というのは、豊田自動織機のSIを手がける豊田ハイシステム株式会社の野萱 直之氏。そのセッション数を試算すると、既存のプロキシでは対応しきれないことがわかったと語る。そこで他社事例の調査やヒアリングを実施。どのような方法が最適なのかが模索されていった。

「当初はExpressRouteでOffice 365専用の回線を用意することも考えましたが、この方法は割高になる上、既存ネットワーク構成の変更が必要でした。また既存プロキシをリプレースする方法や、プロキシの数を増やしてスケールアウトする方法も考えましたが、これも莫大なコストがかかる上、短期間で実現するのも困難でした」。

ソリューション

このような検討の結果、最終的に選択されたのが、BIG-IP のプロキシ負荷分散機能を活用したOffice 365トラフィックの分離である。この決定の理由について「既存のネットワーク機器には手を加えずに新たにOffice 365 専用のルートを作った方が、確実性が高く、短期間で実現できると判断しました」と説明するのは、豊田ハイシステム株式会社の後藤 剛次氏だ。豊田自動織機ではこれまでにもBIG-IPを利用してきた実績があり、既存のBIG-IPを流用して実機テストを行えることも、メリットの1つだったという。

2016 年9 月にはこの方式の採用を決定、新たなネットワーク構成の設計を進め、2017 年2 月には既存BIG-IPによるシステムテストが実施される。その結果、この方式で問題ないことが確認され、2017 年5 月には上位モデルへとリプレース、2017 年9月からOffice 365 の全社試行を行い、2018 年1月に本番稼働をスタートしている。

ネットワークの構成は図に示す通り。社内端末からのトラフィックは、帯域制御を経てBIG-IP へと送られ、ここでOffice 365 向けとその他のWeb サイト向けのトラフィックに分離される。「現在は主にExchange Onlineが利用されているため、実際のOffice 365トラフィックは70 ~ 100Mbps 程度です」と後藤氏。しかし今後はSkype forBusiness の利用も計画されており、その際のトラフィック量は300Mbps 近くにまで増大するはずだという。

「当初は既存プロキシの数を増やし、スケールアウトする方法も考えました。しかしBIG-IPによるトラフィック分離を選択した結果、半分以下のコストで目的を果すことができました」
豊田ハイシステム株式会社 ITインフラ部 ITインフラ1課 1グループ 野萱 直之 氏
「既存のネットワーク機器には手を加えずに新たにOffice 365専用のルートを作った方が、確実性が高く、短期間で実現できると判断しました」
豊田ハイシステム株式会社 ITインフラ部 ITインフラ3課 後藤 剛次 氏

メリット

■常時安定した性能を発揮
このような構成でOffice 365へのトラフィックを分離した結果、常時安定したパフォーマンスを実現できた。小室氏も「何も問題が起きなかったことが、何よりのメリットです」という。

■既存プロキシの増強に比べコストが大幅に縮小
既存プロキシの数を増やしスケールアウトする方法に比べ、コストを抑制できたことも大きなメリットだ。野萱氏によれば「半分以下のコストで目的を果すことができました」という。また後藤氏は「BIG-IP とは別建てになっている帯域制限を今後BIG-IP に統合できれば、投資効果をさらに高めることができ、運用も容易になるでしょう」と語る。

■働き方改革を推進するための安定した基盤を確立
「2018 年4 月からはSkype f or Businessの展開も行い、在席確認やビデオ会議の活用を開始したいと考えています」と小室氏。これによってコミュニケーション手段の幅を広げると共に、働き方改革の推進にも寄与したいという。「今回構築したネットワークは、そのための安定した基盤として重要な役割を果すはずです」。

 

Customer Profile

株式会社 豊田自動織機

1926年に設立され、繊維機械や自動車、産業車両、エレクトロニクス、物流等、幅広い事業を展開しており、その中でもフォークリフト、カーエアコン用コンプレッサ、エアジェット織機では世界シェアNo.1となっている。またグローバル化も積極的に展開しており、5万人を超える従業員のうち半数以上が海外で活躍している。

 

導入事例集ダウンロード

F5製品・ソリューションの導入事例をPDFでダウンロードすることができます。

導入事例集ダウンロード

関連製品

Local Traffic Manager

ビジネス要件に合わせてITインフラ全体を最適化するアプリケーション デリバリー コントローラ

LTMは、アプリケーション応答時間の短縮、最適化、ロードバランシング、SSL終端のオフロードなどの用途で数多くのお客様にご利用いただいています。アプリケーションレイヤのロジックに基づきインテリジェントなトラフィック管理を提供します。

BIG-IP LTMの詳細はこちら

お問い合わせ