Case Studies アーカイブ Search Case Studies

株式会社アドウェイズ

広告配信の新プラットフォームにBIG-IPを使いファイアウォールをADCに統合。パフォーマンスと可用性を高め、コストは削減。

スマートフォン向けのWebサイトやアプリに広告を表示するアフィリエイトプラットフォームには、高いパフォーマンスと可用性が求められる。こうしたプラットフォームを 提供するアドウェイズではこれまでもレスポンス、可用性にこだわったシステムを構築してサービス運営に利用してきた。2014 年のデータセンタ統合では保守や運用に関わ るコストの削減にもこだわり、ファイアウォールとロードバランサなどのネットワーク機器をひとつに集約する構成を採用した。機能が集約されより重要度が増すADCに選ばれたのは、F5ネットワークスのBIG-IP だ。

 

PDFをダウンロードする (ダウンロードはChromeかFirefoxを推奨します。)

 

「新しいBIG-IP を選んだ理由は、ADCにファイアウォールの機能を統合できるということでした。 統合することで管理ポイントが減り、保守費用や運用負荷を削減できると期待しました」

課題

  • データセンタ集約のための新ネットワーク構築
  • シンプルで耐障害性が高いネットワークの実現
  • ネットワーク機能の集約による運用性向上とコスト削減

メリット

  • ファイアウォール機能を持つBIG-IPをADCとして採用
  • 設置機器が少なく保守、運用コストの低いネットワークの実現
  • ADCだけでトラフィックの可視化、セキュリティ機能の実装が可能

 

ビジネス上の課題

 

株式会社アドウェイズは、インターネット広告のプラットフォームやスマートフォン向けアプリを開発、提供している。事業の柱となっているのは、スマートフォンアプリ等に広告を掲載するアフィリエ イトプラットフォームのビジネスだ。これらの広告表示には高いレスポンスが求められると、株式会社アドウェイズ HRM&PRグループの遠藤 由貴氏は教えてくれた。

「広告表示がWebサイトやアプリの足かせとなってはなりません。またクリックされた回数を正確に計数したうえで広告主のサイトに誘導するために、常に正常稼働していることも重要です。冗長化するだけではなく障害時の切り替えに要する時間にまで気を配っています」

市場の変化や拡大にいち早く追随できる柔軟性にもこだわり、数年前からサーバを仮想化、稼働しているVM の数は年々倍加しているという。それに応じてネットワークへの負荷も増大の一途をたどっていたが、稼働中 のネットワークの増強は容易ではない。今回ネットワークも再構築されることになったのはいくつかの好機が重なっ たからだと、株式会社アドウェイズ 開発グループの金谷 直樹氏はきっかけを語った。 「これまで2カ所のデータセンタを使ってきましたが、どちらもスペースの余裕が残り少なく、拡張が困難な状況にありました。そこでデータセンタを統合するプロジェクトが始動したことをきっかけに、リプレース時期にある機器の入れ替えを含めたネットワークの再構築に着手した訳です」

 

ソリューション

 

「表面的な運用負荷とコストを抑えながら、WAFを導入してセキュリティを強化するなど、機能面ではプラスになっていますから、実際の効果はもっと大きいでしょう」

 

ネットワークの要となるADCには、従来のシステムでも使用実績のあるBIG-IP が選ばれた。他ベンダの製品ももちろん検討されたが、これまでの経験に基づく理由と、新しいBIG-IP だからこそ持っている理由が選定の背景にはあった。

「新しいBIG-IP を選んだ理由は、ADCにファイアウォールの機能を統合できるということでした。統合することで管理ポイントが減り、保守費用や運用負荷を削減できると期待しました」

株式会社アドウェイズ 開発グループの伊藤 正之氏がそう語るように、着目したのはBIG-IP が近年搭載した高速なファイアウォールだ。個別の製品を配する従来の構成に比べて、設置機器が少なくネットワークもシンプルになることで得られる効果に期待したのだった。

「これまでの経験に基づくポイントで大きかったのは、iRules の存在ですね。必要に応じて、バックエンドシステムに受け渡す前の段階でURLやhttp ヘッダを書き換える処理を、これまでもiRulesで行なっていたのです」

ときには該当するトラフィックをiRulesで振り分け、ゼロデイアタックへの対処にも活用したと金谷氏は語る。システム側の負荷を下げるだけで はなく、セキュリティを高めるためにも活用してきたこの機能は、システムを運用する立場から見れば欠かせない機能のひとつとなっていた。

 

メリット

 

2カ所のデータセンタに分散していたシステムを集約する新しいインフラは、本社の移転と歩調を合わせるように2014 年5月に構築された。検証を経て、7月からは順次システム移行の作業が行われている。

 

日々の運用から緊急時にまで及ぶ統合の効果

ファイアウォールがADCに統合され、ネットワークを構成する機器が減ったことによるメリットはいくつもあると、伊藤氏は言う。

「日々の管理ポイントが減るだけではなく、障害時の対応がシンプルになるのも嬉しいですね。集約する機能が多いほどメリットが大きくなるので、他の機能の活用も考えていきます」

今後使いたい機能として伊藤氏は、GTM(GlobalTraffic Manager)を挙げた。これから数年のうちに進むであろうハイブリッドクラウド化を見据えてのことだという。機能ごとに新しいベンダの製品を導入する場合とは違い、問い合わせ先窓口も増えな いので、新機能追加の負担増も小さく抑えられる。

 

運用コスト半減をBIG-IP が後押し

統合により恩恵を受けるのは、運用担当者だけではない。導入機器が減ることで様々なコスト削減効果も生まれている。運用する機器の台数が 減ることで、保守費用やデータセンタでの設置スペースなど、各種のランニングコストが削減される。今回のデータセンタ統合の総合的な効果とし て、運用コストは約半分に抑えられる見込みだが、BIG-IPへの機能集約が果たす役割は少なくないと金谷氏は考えている。

「表面的な運用負荷とコストを抑えながら、WAFを導入してセキュリティを強化するなど、機能面ではプラスになっていますから、実際の効果は もっと大きいでしょう」

ハードウェアとしては余裕のあるBIG-IP 4000Sを選びつつ、パフォーマンスを抑えたライセンス体系を選択したことも、ランニングコストの抑制 に一役買っている。より高い帯域処理能力が必要になった際には、ハードウェアを入れ替えることなくライセンスの追加購入のみでパフォーマンスを高められるので将来性も高い。

 

可視化やセキュリティの機能も活用

新しいBIG-IP では管理用GUI の使い勝手が以前に増して良くなっていると語る伊藤氏。

「操作への反応がよくなり、ネットワークの状況もさらにわかりやすく可視化されるようになったので、サービス部門の担当者にも管理用GUI を見てもらうことにしました」

管理用GUI へリードオンリーでアクセスし、ネットワークの状況をリアルタイムに確認してもらう。サービスの利用実態を把握しやすくなり、アクセス分析の幅も広がったという。

「サービス部門へのGUI の開放やWAF の導入により、これまでは見えなかったネットワークの実態がより可視化されました。必要な現状を把握するためのしっかりとした基盤を得て、次のステップであるセキュリティ強化へ進むことができ ます」

こう語る伊藤氏は今、社内にセキュリティチームを作るプロジェクトを進めている最中とのこと。セキュリティ強化の施策を模索する上でも、BIG-IP の機能やF5 ネットワークスとのパート ナーシップに期待したいと、伊藤氏は信頼を込めたまなざしで語ってくれた。

 

株式会社アドウェイズ
開発グループ
情報システムユニット
チーフシステムエンジニア
伊藤 正之 氏

株式会社アドウェイズ
HRM&PRグループ
広報PR ユニット
ユニットマネージャ
遠藤 由貴 氏

株式会社アドウェイズ
開発グループ
情報システムユニット
金谷 直樹 氏

 

 

導入事例集ダウンロード

F5製品・ソリューションの導入事例をPDFでダウンロードすることができます。

導入事例集ダウンロード

関連製品

Local Traffic Manager

ビジネス要件に合わせてITインフラ全体を最適化するアプリケーション デリバリー コントローラ

LTMは、アプリケーション応答時間の短縮、最適化、ロードバランシング、SSL終端のオフロードなどの用途で数多くのお客様にご利用いただいています。アプリケーションレイヤのロジックに基づきインテリジェントなトラフィック管理を提供します。

BIG-IP LTMの詳細はこちら

Advanced Firewall Manager

アプリケーション セントリックなセキュリティを実現するハイパフォーマンス ファイアウォール

AFMは高パフォーマンスなフルプロキシ ネットワーク ファイアウォールで、悪意のあるトラフィックへの対策を行いアプリケーション環境を防御します。

BIG-IP AFMの詳細はこちら

Application Security Manager

双方向のトラフィックを監視するアプリケーション ファイアウォール

ASMは、安定した品質と検知精度を誇るウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)として、豊富な採用実績と歴史を誇っています。どこからアプリケーションにアクセスしているかを可視化し、重要なアプリケーションのセキュリティを 担保します。

BIG-IP ASMの詳細はこちら

お問い合わせ