攻撃ベクトルは数多くあっても、目的はただ1つ。

最も高度なDDoS攻撃であっても、その最終的な目的はサービス停止をもたらすことです。

膨大な規模のDDoS攻撃は、アプリ、さらにネットワークを停止させる恐れがあります。突然、顧客との取引ができなくなったり、社内ではあらゆる業務を行うことができなくなります。攻撃には主に4つの種類がありますが、これらが組み合わされている場合がほとんどです。

  • 大量—レイヤ3、4、または7が対象のフラッドベース攻撃。
  • 非対称—タイムアウトまたはセッション状態の変化を引き起こす攻撃。
  • 演算処理—CPUとメモリを消費する攻撃。
  • 脆弱性ベース —アプリケーション ソフトウェアの脆弱性を利用する攻撃。

最も大きな被害をもたらすDDoS攻撃では、大量攻撃と、標的となるアプリケーションに固有の攻撃が組み合わされます。

DDoS攻撃を受けた場合は当社にお任せください。

03-5114-3260または

0066-33-812670にお電話いただくか、

こちらをクリックしてください。

DDoSには警戒が必要。

DDoSには警戒が必要。

組み合わされたまたは「混合」されたDDoS攻撃は、防御がますます困難になりつつあり、より高度で長期にわたる攻撃が到来することを示唆しています。このような脅威をいかに迅速に検出して阻止することができるかが、サービスの継続性を保証して損害を抑えるための鍵を握っています。

レイヤ7について考える。

レイヤ7について考える。

レイヤ7攻撃は、以前はプロの攻撃者の独壇場でした。

レイヤ7攻撃は、今ではずっと一般的になっています。5年前には時々出現していました。おそらく攻撃キャンペーンの10%ほどだったでしょう。今日、 F5 Security Operations Center (SOC) では、1日に数百ものレイヤ7攻撃が確認されています。実は、「古い」攻撃方法に対してもまだ防御が必要なのです。

F5はDDoS防御に最適な選択肢。その理由をご紹介します。

F5は、どのような種類のDDoS攻撃を受けても高速応答を可能にする、シームレスで柔軟かつ展開しやすいソリューションを提供します。

  • SSL検査およびレイヤ7アプリケーション攻撃への防御を可能にする一方で、帯域外処理とインライン緩和の両方をサポートする即効性のデュアルモード アプライアンスにより、 単一のボックスからマルチレイヤDDoS防御を提供します。
  • クラウドの即時オフロードのためにアプライアンスとクラウド サービスを統合する詳細なDDOS防御により、 データセンタに対する攻撃を即座に阻止します。
  • 一意のレイヤ7アプリケーション カバレッジにより、正規のトラフィックに影響を及ぼすことなく、DDoS攻撃の裏に潜む脅威を打ち負かします。
  • 大半のソリューションよりも単純で、より広範な攻撃に対処する包括的なDDoS防御をアクティブにします。

アプリケーションを意識したソリューションを選択する。

F5は、最も包括的なレイヤ3~レイヤ7 DDoS緩和機能を備え、オンプレミスおよびクラウドDDoSスクラビングを組み合わせて、ネットワーク攻撃、アプリケーション攻撃、および大量攻撃を緩和しています。

DDoS Hybrid Defenderは、オンプレミスのDDoS防御とオプションのクラウドベースのスクラビングを統合して、迅速な緩和を実現しています。

DDoS Hybrid Defender

詳細

お客様の事業にぴったりのDDoSソリューションを見つけてください。

クラウドを使用して、データセンタに入ってくるすべてのトラフィックが正当であることを確認する場合は、

現在のシステムの前にDDoS防御を配置する場合は、

既存のBIG-IPにDDoS防御を追加する場合は、

1Forrester Research

お問い合わせ