リスクを低減させながら展開を高速化

アプリケーションやサービスを手動で展開するのは、時間がかかり、エラーを引き起こす原因にもなります。iWorkflowは、アプリケーション デリバリ ポリシーを展開するプラットフォームの役割を果たす、仮想アプライアンスです。 構成の柔軟性が高い、管理者が定義するL4~L7サービス テンプレート(iApps)を使用することで、数日かかっていた展開を数分で行うことができます。

遅れ = 金銭的損失

インフラストラクチャの変更やソフトウェア リリースの遅れへの対応は、金銭的損失につながります。iWorkflowは、サービスのオーケストレーションとタスクの自動化により、アプリケーション展開の時間(および費用)の節約を実現します。

シンプルさ、安全性、スマートさの向上

デバイスを構成するたびに、エラーが発生する確率は高まります。 展開プロセスを合理化することで、チームの貴重な時間が節約できるだけでなく、組織が運用上のリスクにさらされる可能性も低減されます。

他社製システムとの相性も良好

iControl REST APIとソフトウェア開発キット(SDK)を使用することで、サードパーティ製の管理システムおよびオーケストレーション システムとの統合によりiWorkflowの中核的機能を構成できます。 Cisco APIC、VMware NSX、およびBIG-IPなどの複数のプラットフォームと連携できるiWorkflowを使うと、デバイスではなくポリシー定義により、組織の機敏性が高まります。

特長

制御>

セルフサービス テナント インターフェイスにより、サードパーティ製ポータルに直接アクセスし、統合することができます。

柔軟性>

会社のライセンスをプールして、アクセスと機敏性を高めます。

スマート テンプレート>

オプションのカタログを使用して、アプリケーション ポリシーの表示および展開を高速化し、手間を減らします。

可視性>

オンプレミスかクラウドかを問わず、アプリケーションの健全性を追跡します。

統合>

iControl REST APIを通じて、インフラストラクチャ管理およびオーケストレーション システムに統合します。

信頼性>

継続的な展開ルートを拡張し、拡張性とセキュリティ サービスを網羅します。

特長

制御

セルフサービス テナント インターフェイスにより、サードパーティ製ポータルに直接アクセスし、統合することができます。

柔軟性

会社のライセンスをプールして、アクセスと機敏性を高めます。

スマート テンプレート

オプションのカタログを使用して、アプリケーション ポリシーの表示および展開を高速化し、手間を減らします。

可視性

オンプレミスかクラウドかを問わず、アプリケーションの健全性を追跡します。

統合

iControl REST APIを通じて、インフラストラクチャ管理およびオーケストレーション システムに統合します。

信頼性

継続的な展開ルートを拡張し、拡張性とセキュリティ サービスを網羅します。

お問い合わせ