クラウドへのより迅速でセキュアな道程。

コロケーション相互接続サービスの普及が進んでいますが、それには当然の理由があります。セキュリティ、トラフィック、およびポリシー プログラムを物理環境内で管理しながら、パブリック クラウドの柔軟性と規模を実現することができます。アプリケーション、コンテンツ、および処理をインターネットのエッジ近くまでプッシュすることにより、パフォーマンスの改善とコストの削減にそれなりの成果をあげられます。

BIG-IPでまとめます。

クラウド プロバイダは、インフラストラクチャのセキュリティを非常に真剣に受け止めています。しかし、クラウドに保存するアプリケーションやデータのセキュリティを確保するのはユーザの責任です。コロケーション環境でBIG-IPを実行すると、最も効果的な位置、つまりトラフィックがクラウド アプリケーションに出入りするデジタル エッジにセキュリティ コントロールを配置できます。また、高速SSL暗号化/復号化などのCPU消費型タスクに専用のハードウェアを使用することもできます。実際、コロケーション施設にセキュリティ スタックを再度作成したり、BIG-IPに追加のセキュリティ コントロールを統合することができます。

選択の自由。

BIG-IPでは、アクセスを制御して、クラウド プロバイダに共通のポリシーを適用することができます。アプリケーションは依然としてクラウド ベンダーに依存しないため、マルチクラウド戦略の実装や、ニーズの変化およびテクノロジの進歩に応じたクラウド ベンダー間でのアプリケーションの移動を簡単に行うことができます。

コロケーション環境におけるBIG-IPプラットフォームの主なメリット。
  • パブリック クラウドに出入りするトラフィックの保護と制御。
  • パブリック クラウドで実行されているアプリケーションへのアクセス ポリシーおよびセキュリティ ポリシーの適用。
  • すべてのインフラストラクチャに共通のインターフェイスからのソリューションの管理。
使用事例:コロケーション環境のBIG-IPソリューション。
  • シングル サインオン(SSO)とクラウド フェデレーション。場所にかかわらず、アプリケーションへの簡素化されたセキュアなアクセス。
  • Webアプリケーション ファイアウォール(双方向)。アプリケーション レイヤ攻撃からアプリケーション(およびその背景にあるデータ)を保護します。
  • SSL終端およびコンテンツ検査。クラウド アプリケーションに出入りするすべてのSSLトラフィックを復号化、検査、および再暗号化します。
  • DDoS防御。ミッションクリティカルなアプリケーションを大量攻撃から保護します。

Equinixとそのコロケーション ソリューションについて詳細をご覧ください。

お問い合わせ