プレスリリース アーカイブ   プレスリリースを検索
プレスリリース

F5ネットワークス、アプリケーション デリバリ コントローラ分野の2016年版マジック・クアドラントで10年連続「リーダー」に選出

F5 Networks, Inc.(NASDAQ: FFIV、以下F5)は、Gartner, Inc.(以下 ガートナー)が2016年8月29日に発表した調査レポート「2016年版アプリケーション デリバリ コントローラ(ADC)分野のマジック・クアドラント(Magic Quadrant for Application Delivery Controllers)」にて、10年連続で「リーダー」クアドラント評価を獲得したと発表しました。

Magic Quadrant for Application Delivery Controllers

 

F5のチーフ マーケティング オフィサー兼エグゼクティブ バイスプレジデントであるベン・ギブソン(Ben Gibson)は次のように述べています。

「IT市場の最先端では、クラウドとas-a-serviceがハイブリッド展開に加わり、ADC分野において非常に活発な状況が生み出されています。マジック・クアドラントでのF5の長年にわたるリーダーとしての位置付けは、ソフトウェアとハードウェアの両方のソリューションにおいて、F5が他より差別化された能力を備えていることを証明しています。また、F5のテクノロジーとサービスのポートフォリオに対して、お客様が見出している価値を反映したものであると確信しています」

ADC市場についてガートナーは、次のように説明しています。

「ADCは、エンタープライズ ネットワークを通じたエンタープライズ アプリケーションの提供を最適化する機能を提供します。ADCはユーザからアプリケーションへ、また、アプリケーションからユーザへの両方のトラフィックを円滑にするための機能を備えています。また、アプリケーションとその基盤となるプロトコルや従来のパケット ベースのネットワークとの間にあるギャップを効果的に橋渡しすることができます1」

 

ガートナーによる、2016年版のMagic Quadrant for Application Delivery Controllersレポートの全文(英文)は、以下に掲載されています。

https://www.gartner.com/doc/reprints?id=1-3GEK4YV&ct=160830&st=sb&aliId=168748342

1 2016年8月29日「Magic Quadrant for Application Delivery Controllers」におけるガートナーのアンドリュー・ラーナー、ジョー・スコルパ、ダニーロ・シスカートによるコメント

 

マジック・クアドラントについて

ガートナーは、調査レポートに掲載された特定のベンダー、製品、サービスを推奨するものではありません。また、最高の評価またはその他の指定を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものではありません。ガートナーの調査レポートは、同社調査組織の見解を表したものであり、確定した事実の表明と見なすべきものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

 

F5ネットワークスについて

F5は、アプリケーションが、データセンター、クラウドサービス、従来型ネットワーク、SDNなど、あらゆるIT環境において、いつでも、どこからでも利用可能となる柔軟なソリューションを提供しています。F5のオープンで拡張性の高いフレームワークは、幅広いパートナーエコシステムとの協業を通じ、ITの適用範囲を広げ、最適なIT基盤の構築を可能にしています。また、F5のソリューションは、国内外のリーディング企業、サービスプロバイダー、公共機関のIT分野で広く採用され、最先端のクラウド、セキュリティ、モビリティ環境の実現に貢献しています。F5についてより詳しく知りたい方はhttps://f5.com/jp/をご覧ください。また、ツイッターにて@F5Japanのアカウントから最新情報を発信しておりますので、是非フォローください。

# # #

このプレス リリースには、リスクや不確実性を伴う将来の出来事および将来の財務実績に関連する見通しの記述が含まれていることがあります。かかる記述は、「可能性」、「になる」、「妥当」、「予期」、「計画」、「予想」、「確信」、「推定」、「予測」、「潜在的」、「継続」のような用語、またはそれらの用語の否定形や類似の用語によって識別することができます。かかる記述は予測にすぎず、実際の成果は、SEC(米国証券取引委員会)に提出した会社の資料内で述べられている要因を含め、いくつかの要因により、かかる記述による予期とは大幅に異なることがあります。

タグ:

お問い合わせ