プレスリリース アーカイブ   プレスリリースを検索
プレスリリース

F5ネットワークス、 理化学研究所でのセキュアなSSL-VPN環境を実現

F5ネットワークスジャパン合同会社(本社:東京都港区、代表執行役員社長:古舘正清、以下F5)は、国立研究開発法人理化学研究所(所在地:埼玉県和光市、理事長:松本紘、以下 理研)が、理研内部のシステムに外部からアクセスする際の統合VPN基盤として、F5のBIG-IP Access Policy Manager(以下BIG-IP APM)を導入したことを発表しました。BIG-IP APMの導入により、拠点ごとに異なっていたVPN方式をSSL-VPNに統合することで、VPN運用コストの削減を実現しました。また、幅広い種類のOS端末からのセキュアなアクセスを簡単に行えることで、ユーザーに対する利便性が大幅に向上しました。

今回のBIG-IP APMの導入は、2014年に入札案件として実施された、理研全体のネットワーク統合プロジェクトの一環として行われたものです。主要拠点が全国9カ所にわたる理研では、ネットワーク構築および運用の多くは、拠点ごとに行われており、問題発生時の調査や新規ユーザーへのサービス展開において、時間や手間がかかるという課題を抱えていました。また、外部からのアクセスをセキュアに行うためのVPN接続の方式および運用が各拠点によって異なっていたため、複数拠点にまたがるプロジェクトに参加する研究者にとっては不便を感じるケースもありました。VPNの運用における課題、問題を解決するために理研では、幅広い種類の端末で制約なく利用できると同時に、十分なユーザー数をサポートすることができるセキュアなSSL-VPNを求めていました。

理研は現在、VPN接続方式をSSL-VPNに統一し、外部からのアクセス先を1拠点に設置したBIG-IP APMに集約しています。認証は電子証明書による端末認証を使用しており、ユーザー端末は事前に配布された電子証明書で認証を受け、BIG-IP APMとの間にSSL-VPNのトンネルを張ります。BIG-IP APMが設置された拠点と他の拠点との間は広域イーサネットで接続されており、ユーザー端末はSSL-VPNのトンネルと広域イーサネットを介して、各拠点のシステムにアクセスすることが可能となります。BIG-IP APMによるSSL-VPN接続では、Windows、OS X(Mac OS)、iOS、Android、Linuxなど、幅広いOS端末に対応しています。

BIG-IP APMによるSSL-VPNの統合によって、Webブラウザから単一のURLにアクセスするだけでセキュアなVPN接続を開始できるため、ユーザーの利便性は大きく向上しました。また、すべての拠点に対するアクセスにおいて、BIG-IP APMにより統合されたSSL-VPNを使用するため、外部からの接続不能などの問題発生時の原因切り分けも容易です。さらに、ユーザー端末のOSバージョンアップにおいて、拠点ごとの個別検討が不要になり柔軟な対応が可能となりました。

理研 情報基盤センター 横浜ユニットの溝口 賢 氏は、BIG-IP APMの導入について、次のように述べています。
「BIG-IP APMでSSL-VPNを集約したことで、ユーザーの利便性は大幅に高まるとともに、VPN運用コストの削減など大きなメリットをもたらしました。今回のネットワーク統合プロジェクトにおいて、最も高い機器集約効果を発揮しているのは、BIG-IP APMによるSSL-VPNの統合です。」

理研は今後、VPNだけではなく、統合されたネットワークの他の部分に関しても、運用統合を進めていく計画です。

 

BIG-IP APMによるSSL-VPN環境 システム図

SSL-VPN

こちらの事例の詳細は、下記URLをご参照ください。
https://f5.com/jp/solutions/customer-stories/big-ip-15327

F5のBIG-IP Access Policy Managerについて詳しくは、下記URLをご覧ください。
https://f5.com/jp/products/modules/access-policy-manager

 

F5ネットワークスについて

F5は、アプリケーションが、データセンター、クラウドサービス、従来型ネットワーク、SDNなど、あらゆるIT環境において、いつでも、どこからでも利用可能となる柔軟なソリューションを提供しています。F5のオープンで拡張性の高いフレームワークは、幅広いパートナーエコシステムとの協業を通じ、ITの適用範囲を広げ、最適なIT基盤の構築を可能にしています。また、F5のソリューションは、国内外のリーディング企業、サービスプロバイダー、公共機関のIT分野で広く採用され、最先端のクラウド、セキュリティ、モビリティ環境の実現に貢献しています。F5についてより詳しく知りたい方はhttps://f5.com/jp/をご覧ください。また、ツイッターにて@F5Japanのアカウントから最新情報を発信しておりますので、是非フォローください。

# # #

このプレス リリースには、リスクや不確実性を伴う将来の出来事および将来の財務実績に関連する見通しの記述が含まれていることがあります。かかる記述は、「可能性」、「になる」、「妥当」、「予期」、「計画」、「予想」、「確信」、「推定」、「予測」、「潜在的」、「継続」のような用語、またはそれらの用語の否定形や類似の用語によって識別することができます。かかる記述は予測にすぎず、実際の成果は、SEC(米国証券取引委員会)に提出した会社の資料内で述べられている要因を含め、いくつかの要因により、かかる記述による予期とは大幅に異なることがあります。

タグ:

お問い合わせ