プレスリリース アーカイブ   プレスリリースを検索
プレスリリース

F5ネットワークス、アプリケーション デリバリ コントローラ分野の 2015年版マジック・クアドラントで9年連続「リーダー」に選出

他社を押さえ、調査対象企業の中で最も高い実行能力と ビジョンの完全性を持つ企業として位置付けられる

F5 Networks, Inc.(NASDAQ: FFIV、以下F5)は、Gartner, Inc.(以下 ガートナー)が2015年10月6日に発表した調査レポート「2015年版アプリケーション デリバリ コントローラ(ADC)分野のマジック・クアドラント(Magic Quadrant for Application Delivery Controllers)」にて、9年連続で「リーダー」クアドラント評価を獲得したと発表しました。

 

          Magic Quadrant for Application Delivery Controllers

 

F5のプレジデント&CEOであるマニー・リヴェロ(Manny Rivelo)は次のように述べています。
「ソフトウェアは引き続き、F5のADCの成長を担うエンジンです。多くのお客様は、仮想、クラウド、as-a-serviceに加え、従来のハードウェアとのハイブリッド型の展開を選んでいます。F5 Silverline®のような革新的なサービスによるお客様の成功や、F5のSynthesis™ビジョンが備える総合的な強さにより、ADCマジック・クアドラントにおいて長年にわたりF5がリーダー・クアドラントに位置付けられている理由だと確信しています。」

 

ADC市場についてガートナーは、次のように説明しています。
「ADCは、ネットワーク全体への企業アプリケーションの配信を最適化するための機能を担っています。ADCはユーザからアプリケーションへ、また、アプリケーションからユーザへの両方のトラフィックのための機能を提供し、アプリケーションとその基層にあるプロトコルや従来のパケットベースのネットワークとの間にあるギャップを効果的に橋渡しすることができます。※1」

 

ガートナーによる、2015年版のMagic Quadrant for Application Delivery Controllersレポートの全文(英文)は、以下に掲載されています。
http://www.gartner.com/technology/reprints.do?id=1-2P2AS8G&ct=151007&st=sb

 

※1 2015年10月6日「Magic Quadrant for Application Delivery Controllers」におけるガートナーのアンドリュー・ラーナー、マーク・ファッビ、ダニーロ・シスカート、ジョー・スコルパによるコメント

 

マジック・クアドラントについて

ガートナーは、調査資料に掲載された特定のベンダー、製品、サービスを推奨するものではありません。また最高の評価またはその他の指定を得たベンダーのみを選択するようテクノロジの利用者に助言するものではありません。ガートナーの調査レポートは同社調査組織の見解を表したものであり、確定した事実の表明と見なすべきものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

 

F5ネットワークスについて

F5は、アプリケーションが、データセンター、クラウドサービス、従来型ネットワーク、SDNなど、あらゆるIT環境において、いつでも、どこからでも利用可能となる柔軟なソリューションを提供しています。F5のオープンで拡張性の高いフレームワークは、幅広いパートナーエコシステムとの協業を通じ、ITの適用範囲を広げ、最適なIT基盤の構築を可能にしています。また、F5のソリューションは、国内外のリーディング企業、サービスプロバイダー、公共機関のIT分野で広く採用され、最先端のクラウド、セキュリティ、モビリティ環境の実現に貢献しています。F5についてより詳しく知りたい方はhttps://f5.com/jp/をご覧ください。また、ツイッターにて@F5Japanのアカウントから最新情報を発信しておりますので、是非フォローください。

# # #

このプレス リリースには、リスクや不確実性を伴う将来の出来事および将来の財務実績に関連する見通しの記述が含まれていることがあります。かかる記述は、「可能性」、「になる」、「妥当」、「予期」、「計画」、「予想」、「確信」、「推定」、「予測」、「潜在的」、「継続」のような用語、またはそれらの用語の否定形や類似の用語によって識別することができます。かかる記述は予測にすぎず、実際の成果は、SEC(米国証券取引委員会)に提出した会社の資料内で述べられている要因を含め、いくつかの要因により、かかる記述による予期とは大幅に異なることがあります。

タグ:

お問い合わせ