プレスリリース アーカイブ   プレスリリースを検索
プレスリリース

F5 ネットワークス、2017年度第3四半期の業績を発表

※本報道資料は米国で7月26日に発表したプレスリリースの抄訳版です

F5 Networks, Inc.(NASDAQ: FFIV、以下F5)は、2017年度第3四半期の売上高が5億1,780万ドルに達し、前年同期の4億9,650万ドルから4.3%増となったことを発表しました。前年同期からの売上高拡大は、BIG-IP iシリーズとセキュリティソリューションの導入、およびサービス部門の売上がけん引しました。また、この業績は、ヨーロッパ・中東・アフリカ地域および日本での低調な推移が影響しました。

GAAPベースの2017年度第3四半期の純利益は9,770万ドル(希薄化後1株あたり1.52ドル)で、これに対し前年同期は9,180万ドル(希薄化後1株あたり1.37ドル)でした。株式報酬費用と取得無形資産償却の影響を除いた非GAAPベースの純利益は1億3,080万ドル(希薄化後1株あたり2.03ドル)で、これに対し前年同期は1億2,170万ドル(希薄化後1株あたり1.81ドル)でした。

GAAPベースと非GAAPベースの純利益の対比については、https://www.f5.com/pdf/financial-reports/2017q3-operations.pdf より添付の連結損益計算書をご参照ください。

F5の「2017年版 アプリケーションデリバリの状況」の調査結果では、お客様がアプリケーションワークロードをパブリッククラウドとプライベートクラウドの両方に移行すると同時に、その多くが複数のクラウドテクノロジーに投資していることが明らかとなっています。マルチクラウド環境は、複数のクラウドプラットフォームにわたってアプリケーションサービスを管理しなければならないこと、一貫性のないセキュリティポリシーによるコンプライアンスリスク、そして複数のクラウドアーキテクチャが存在することによるITスキルのギャップの影響によって、クラウドへの投資効果が減少するなどの問題を引き起こします。

第3四半期には、マルチクラウド環境の実現にむけてF5の地位をさらに強化するいくつかの新製品を発表しました。これには、パブリッククラウドとプライベートクラウドのアプリケーションインフラストラクチャを接続するアプリケーションコネクタ 1.0、Google Cloud Platformに対応したBIG-IP仮想アプライアンス(BIG-IP VE)、およびマイクロサービス環境のためのコンテナコネクタとアプリケーションサービスプロキシが含まれます。

F5のプレジデント兼CEOであるフランソワ・ロコー=ドノ(François Locoh-Donou)は次のように述べています。

「第3四半期は、前年同期からの売上高成長と優れた利益率を達成しましたが、製品の売上高は特にヨーロッパと日本において予想を下回りました。より広範な環境を見てみると、長期的なクラウド戦略がアプリケーションサービス展開のアーキテクチャにどのような影響を及ぼすのかについて、お客様による検証が進められるにつれ、活動が中断するケースも引き続き見られます。お客様がクラウドに関してこれらの決定を下した状況においては、F5が環境全体にわたって一貫したアプリケーションサービスとセキュリティを提供する重要なパートナーであることが立証されています。

製品関連の売上の加速がF5の最優先事項であり、今後の各四半期にわたってこの目標を実現する準備が整っていると確信しています。F5チームは、全員がアプリケーション展開における進化していくお客様のニーズを満たすソリューション提供に注力しており、またさらにお客様からの要望に沿ったセキュアなアプリケーションサービスを提供してまいります」

2017年9月30日を末日とする2017年度第4四半期については、売上目標を5億3,000万ドルから5億4,000万ドルの間、GAAPベースの希薄化後1株あたり利益目標を1.64ドルから1.67ドルの間に設定しています。株式報酬費用と取得無形資産償却の影響を除く、非GAAPベースの利益目標は2.20ドルから2.23ドルの間に設定しています。

GAAPベースと非GAAPベースの利益目標の対比を下表に示しています。

2017年9月30日を末日とする3カ月間
非GAAPベースの四半期予想利益との対比 下限 上限
純利益 1億480万ドル 1億680万ドル
株式報酬費用 4,400万ドル 4,400万ドル
取得した無形資産の償却 280万ドル 280万ドル
上記の項目に関連した税効果 (1,130万ドル) (1,130万ドル)
株式報酬費用と取得無形資産償却を除外した
非GAAPベース純利益
1億4,030万ドル 1億4,230万ドル
希薄化後1株あたり純利益 1.64ドル 1.67ドル
希薄化後1株あたり非GAAPベース純利益 2.20ドル 2.23ドル

 

F5ネットワークスについて

F5は、世界最大規模の企業やサービスプロバイダ、政府機関、消費者ブランドが、アプリケーションをより速く、よりスマートに、そしてより安全に提供することを可能にします。F5はクラウドとセキュリティに関するさまざまなソリューションを提供しており、これらを活用することでスピードと管理性を犠牲にすることなく、セキュアかつハイブリッドクラウドに対応したアプリケーション基盤を実現できるようになります。

【F5に関する詳細、最新情報】
・F5ネットワークスジャパン ホームページ: https://f5.com/jp/
・Twitter: @F5Japan
・Facebook: https://www.facebook.com/f5networksjapan

# # #

このプレス リリースには、リスクや不確実性を伴う将来の出来事および将来の財務実績に関連する見通しの記述が含まれていることがあります。かかる記述は、「可能性」、「になる」、「妥当」、「予期」、「計画」、「予想」、「確信」、「推定」、「予測」、「潜在的」、「継続」のような用語、またはそれらの用語の否定形や類似の用語によって識別することができます。かかる記述は予測にすぎず、実際の成果は、SEC(米国証券取引委員会)に提出した会社の資料内で述べられている要因を含め、いくつかの要因により、かかる記述による予期とは大幅に異なることがあります。

タグ:

お問い合わせ