プレスリリース アーカイブ   プレスリリースを検索
プレスリリース

F5ネットワークス、「F5 Agility Tokyo 2017」を開催

「We Make Apps Go-Faster. Smarter. Safer.  求められるビジネス改革、求められるアプリケーション基盤の進化」をテーマに

F5ネットワークスジャパン合同会社(本社:東京都港区、代表執行役員社長:古舘 正清、以下 F5)は、2017年6月14日(水)ANA インターコンチネンタルホテル東京で、「We Make Apps Go-Faster. Smarter. Safer.  求められるビジネス改革、求められるアプリケーション基盤の進化」をテーマにした年次イベント「F5 Agility Tokyo 2017」を開催します。

ITによるビジネス改革が当たり前となった今日において、その成功を左右するカギは、クラウドやモバイル、IoT、AIといった個々のテクノロジーやトレンドではなく、データセンターやクラウドで動くさまざまなアプリケーションであり、そこから生み出されるサービスそのものです。そして、これからのシステム部門には、これを素早く、確実に、安全に、顧客や従業員に配信できる環境を整備することが、これまで以上に求められています。

「F5 Agility Tokyo 2017」は、基調講演をはじめとするゼネラルセッションのほか、ブレイクアウトセッションでは、クラウドとセキュリティのカテゴリーに分けて、ユーザー企業様による事例セッション、エンジニア向けセッション、「DevOps」や「パブリッククラウド」をテーマにしたパネルディスカッションなどを予定しています。さらに、パートナー様企業による協賛セッションおよび展示など、多岐にわたるコンテンツを通して、ITによるビジネス改革を成功に導くアプリケーション基盤の進化をお届けします。

【F5 Agility Tokyo 2017 開催概要】
日時:2017年6月14日(水) 10:00~19:00
会場:ANA インターコンチネンタルホテル東京
主催:F5ネットワークスジャパン合同会社
※事前登録制です。参加をご希望の方は下記Webサイトよりお申込みをお願いいたします。
「F5 Agility Tokyo 2017」サイト:https://f5agility.jp/

We Make Apps Goキャンペーンについて

F5は、本イベントのテーマにもなっている「We Make Apps Go: Faster. Smarter. Safer.(アプリケーションを前進させよう:より素早く、確実に、安全に。)」というグローバルキャンペーンを今年2月より開始しました。本日公開した「We Make Apps Go」サイトでは、「F5 Agility Tokyo 2017」同様に、アプリケーションとビジネスをより素早く、確実に、安全に提供することに焦点を当て、特にテクノロジー導入に関する意思決定権を持つ経営層に向け、企業が優位性を確立するためのヒントとなるさまざまなコンテンツを展開していきます。

詳しくは、「We Make Apps Go」サイト(https://f5.com/jp/we-make-apps-go )および動画(https://www.youtube.com/watch?v=AQi8zFOhZ08 )をご覧ください。

 

【「We Make Apps Go」サイトの主なコンテンツ】

・顧客がアプリを見捨てる9つの理由
https://f5.com/jp/we-make-apps-go/9

・アプリを危険にさらす3つの行為
https://f5.com/jp/we-make-apps-go/3-25722

・クラウドの4つの死角
https://f5.com/jp/we-make-apps-go/4

・情報セキュリティ担当者は取締役会で何を伝えるべきか
https://f5.com/jp/we-make-apps-go/25725

F5ネットワークスについて

F5は、アプリケーションが、データセンター、クラウドサービス、従来型ネットワーク、SDNなど、あらゆるIT環境において、いつでも、どこからでも利用可能となる柔軟なソリューションを提供しています。F5のオープンで拡張性の高いフレームワークは、幅広いパートナーエコシステムとの協業を通じ、ITの適用範囲を広げ、最適なIT基盤の構築を可能にしています。また、F5のソリューションは、国内外のリーディング企業、サービスプロバイダー、公共機関のIT分野で広く採用され、最先端のクラウド、セキュリティ、モビリティ環境の実現に貢献しています。F5についてより詳しく知りたい方はhttps://f5.com/jp/をご覧ください。また、ツイッターにて@F5Japanのアカウントから最新情報を発信しておりますので、是非フォローください。

# # #

このプレス リリースには、リスクや不確実性を伴う将来の出来事および将来の財務実績に関連する見通しの記述が含まれていることがあります。かかる記述は、「可能性」、「になる」、「妥当」、「予期」、「計画」、「予想」、「確信」、「推定」、「予測」、「潜在的」、「継続」のような用語、またはそれらの用語の否定形や類似の用語によって識別することができます。かかる記述は予測にすぎず、実際の成果は、SEC(米国証券取引委員会)に提出した会社の資料内で述べられている要因を含め、いくつかの要因により、かかる記述による予期とは大幅に異なることがあります。

タグ:

お問い合わせ